SCHOOL

認定教室スタート 私が認定制度を作った理由

いつもありがとうございます!石橋です(^_^)

いよいよ8月から、CARA-CARO認定教室での講座がスタートいたします!
戦陣を切るのは、藤澤千絵先生の「垂水教室」奥田ちさこ先生の「堺三国ヶ丘教室」です。

CARA-CARO 認定教室

お二方とも、ご自身で充分企画運営される実力があるにもかかわらず、
当方のカリキュラムを採用してくださいました。
藤澤先生、奥田先生、本当にありがとうございます!

herbtea1

講師活動の機会をいただいてからはや16年。
未熟で、上手くお伝えすることができなかったり、
いろいろな読み間違えや言い間違い、
専門的な部分で間違ったお答えをしてしまったり、
生徒様にご迷惑をおかけすることも多々ありました。

それでも辞めずにしつこく続けてきたのは、いろいろと目標があったからです。

私の場合ですが、研修制度もなく手探りですすまなければならなかったため、いろいろと悩み苦しみました。
答えのない問いに答えをださなければいけないこのジャンルの難しさ、
情報の少なさや手に入りにくさ、フォロー制度の少なさなど、
常に新しいことも知り、裏付けもとらなければいけないこの分野で、
質の良いテキストを作り、質疑応答にもそなえ、問題もわからない状況で試験対策もして
病気で休むことは許されがたいシステムで、一人で仕事をすることに常に限界を感じていました。

もちろん、よい生徒さまとの出会い、よいスタッフさんに支えられ、よい環境でもお仕事をさせていただき、楽しい面がほとんどでしたが、
委託で丸投げ!企画も自分!ということが多い講師という仕事の難しさも感じていました。
集客についても、スクールにお任せしなければならない部分が多く、自営業をしている自分はもどかしさも感じたのかもしれません。
優秀な先生でも働きにくさや制度のことで、続けられないことも見てきたので、もし改善できたら・・・と、希望を持ち続けていたのです。

そしてできたら、あとに続く方たちにはそのような苦労はさせたくない。
じっくりと経験を積んで頂けるような制度は作れないのか?
ずっと勉強できる機会を、情報を得る仕組みは作れないのか?
孤独や不安と闘いながらではなく、はったりで逃げるのではなく、
講師自身が疑問を解決しながら、みんなで成長できるような場をつくりたい。
そういう思いでいろいろな研修制度や講師養成を行ってきました。

長い間、私が未熟なため、せっかく勉強していただいてもなかなかお仕事につなげてくださる方を送り出すことができませんでした。
でもあきらめず、きっとCARA-CAROに合う方に出会える!と信じて、とにかく講座を続け、お誘いを続け、もう8年近くなります。
よい出会いがたくさんありました。すでにご活躍の先生方のお力添えもたくさんいただきました。
やっとやっと形になってくれたかな・・・という感触に、気が早いですが喜びを感じています。

それでも甘く未熟な私ですから、自分のちからだけでは叶わないことばかり。
このように、みなさんのお力をいただいて少しづつですが形になっていること、まずは認定教室の先生方に御礼申し上げます。
これから経験を積んで講師を目指す認定講師のみなさんにも同じく御礼を申し上げます。

そして、CARA-CAROを支えて下さっている生徒さま、サロンのお客さま、外部の先生方
心よりお礼申し上げます。

2016-05-25 21.51.15 HDR

その先生方が、
たくさんのスクールからCARA-CAROを選んでくださったお気持ち、
そしてお勉強にかけていただいた時間、お金、そしてやはりお気持ちに、
私は全力で応えていかなければ!とあらためて思う所存です。

CARA-CARO認定教室でがんばってくださる先生方と、
CARA-CAROを見つけて下さった生徒さまに、よいご縁がありますように!

今後とも三ノ宮本校ともどもよろしくお願いいたします。

石橋志保

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top