植物と香りのある暮らし

【植物と香りのある暮らし】レモンバームシロップ

お家にスペースがあるなら、ぜひ植えてほしいハーブの一つ「レモンバーム」
その理由はいくつかありますが、
一番簡単な理由は
「新鮮さ」がもたらす美しさ、香しさ、爽やかさ、
そしてその生きる姿に、
「長寿」「繁栄」「命の雫」と言われる所以を感じることができるからです。

梅雨入り前はワサワサと、大量に増えるレモンバームですが、
我が家もたっぷり収穫できました!

まだ渋みが強く(タンニンが多いハーブです)、香りは控え目です。

今日はまず、若い葉をシロップにしました。

ポイントは、葉を摘む時に黒っぽくなったものは避けて、柔らかく香りが良いところだけ摘むこと。
渋み(タンニンなど)を生かした製剤もあるので、
摘み取ってはクンクンして、香りがよければシロップ用のボールへ、
香りがなく硬い葉っぱは、別のボールへとより分けました。

摘み取った葉を計量して、3−4倍の水を入れ、蓋をして火にかけます。
シュワーっと音がして沸騰直前で火を止めて、5-10分ほど蒸らします。

蒸らしたらこします。
最後は濡らしたキッチンペーパーで絞りますが、
渋みが出ないように、そーっとそーっと・・・

出来上がった液を計量して、同量のお砂糖を入れます。
まだ暖かいのでクルクル撹拌していたら綺麗に溶けます。
味をみて、レモン汁を加えます。

レモンバーム 生葉 160g
水480g
砂糖500g
レモン汁20ml

消毒した瓶に入れて、消毒したスプーンなどで掬って
ミネラルウォーターやソーダで割って飲みます。
砂糖たっぷりなので、血糖値や体重が気になる方は注意!

沈殿物が出たら、濾し取って、念のため火入れしながら飲みます。
清潔なスプーンを使って冷蔵保存したら2-3ヶ月は持ちますが、
自己管理、点検・火入れで、食中毒にはお気をつけて!

残った絞りかすはキッチンペーパーで水切りし、
レモンの香りが強くないことを確認して、お料理に。
渋みが強いので、醤油やごま油でおひたし風に、
私はネギとささみとオイスターソースでエスニック焼きそばにしました。
フレッシュハーブや野菜替わりです♪

エルボリステリア(ハーブ薬局)のメディカルハーブと家庭でのハーブの活用が学べる
EU植物療法科 イタリア薬草学 6月締め切り  

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top