SCHOOL

【恋するフィトケミカル】プロアントシアニジンと腸内環境改善

先日の「ざっくりフィトケミカル講座」で、
タンニンの説明をしていたときに、
アントシアニンの重合についての話になりまして、
かなり言葉足らずなところがあったので、
フォローの動画と資料を作成しています。

その作業中にきになったのが
ぶどう種子のプロアントシアニジンと
腸内環境改善とその二次的な効果の研究です。

これはいいなぁと思った研究だったのですが、
よく考えてみたら、ぶどう種子を食べることってほとんどないですね。
日本人が、古来から常食しているものには、余り含まれていないようです。
しいていえばリンゴでしょうか。
でも、ぶどう種子のサプリメントの宣伝にはるのかなぁ~なんて考えてみたり(^_^)

健康系やフィトケミカルについて皆さんにお伝えする時に、
日本人の体質に合うのかという点と、
食事として積極的に取っていいのか、
本来、取る必要があるのかを、
まずは冷静に考えてお伝えしなければなぁと思います。

この件についても、後日、動画UPしますね!
ざっくりフィトケミカル講座にご参加いただいた皆さまには、
フォローの資料をお送りさせていただきます!

**********************************************

縮合型タンニン:数個の、カテキンまたはエピカテキンなどが、炭素と炭素で結合
カテキンはフラバン骨格を基本とする → プロアントシアニジンとも言われる

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top