ブログ

【死生学】ひと目会えること

日本には「(親の)死に目に会えない」という言葉がありますが、
これは死別の悲嘆をよく表している言葉だと思います。

家族や友人はもちろん、実際におつきあいがなくとも愛情や親しみを感じていた方の、
突然の予期しない死別、同時多発的な死別、多くの喪失の重なり、不条理な死を目の当たりにすると、
強い悲嘆や、回復が困難な複雑性悲嘆という状態に陥りやすくなります。

先ほどの「死に目に会えない」もそうで、
看取りができなかった、間に合わなかった、
ご遺体の状態やご状況、ご遺体そのものがない場合、
対面が叶わなかった場合など、さまざまなケースがありますが、
いずれも悲嘆の回復が容易ではないことが多いのです。

この度の、新型コロナウイルスで隔離され、お亡くなりになった場合、
ご遺体からの感染を防ぐために、お顔も見られず、荼毘に付されると伺いました。

このことは、ご遺族や生前に親しくされていた方々にとって大変辛いことで、
グリーフについても非常に困難になると感じておりました。

最後にひと目会いたかった、顔を見たかったと、悔やまれ、
発病後は、重症の方は入院隔離されますので、看病や付き添いも敵わず、
一人で闘病させた、寂しい思いをさせたと、自責の念にかられるご遺族もおられるのではないか。
そのように感じていました。

しかし今日、神戸新聞NEXTに「透明の納体袋」の記事が掲載されていました。

記事によると、今回の納体袋は透明で、故人の方のお顔を見ながらお別れができるそうです。
参列者の方が、棺に花を入れるのも可能で、運搬にご遺族が関わることも差し支えないそうです。
グリーフにとって大切な「葬送の儀礼」、
このような状況でもお見送りをしていただけることに、少しだけ心が落ち着きました。
もちろん、これを使うことが少なくなることを祈るばかりです。

また、この度命を落とされた方のご冥福をお祈りするとともに、遺された方々の心穏やかな日々を願います。

私たちは、死に方も、死ぬ時も選べません。
このような状況だからこそ、自分らしくいることを忘れずにいたいです。

そして人間らしく、智恵を絞り、行動したいと思います。

石橋志保

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。