タ行 植物療法事典

土用 東洋医学 陰陽五行説 / 植物療法事典

土用 東洋医学 陰陽五行説 / 植物療法事典

土用とは 四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間 五行の土 土壌で種が発芽するため、大きな変化を促し保護すると考えられた。 四季の移りかわりは、性質の異なる木火金水が直接触れ合うと変化が大きいため、土の気が季節の変わり目に働いていると考えられた。 18日という期間は、1年を五行をもっと五等分し、そのうちの土を季...

Return Top