SCHOOL

EU植物療法科 フランス サイエンティフィックアロマテラピー

フランスのアロマテラピー
ガットフォセ、ジャン・バルネ、フランコム氏と続く、フランスからはメディカルアロマテラピーをお届けします。
アロマテラピー、精油の研究が植物学、成分分子、生理学や薬物動態のレベルで進んでいるフランス。
臨床・分析だけではなく、原料植物についても学びを深めることが大切です。

フランス サイエンティフィックアロマテラピー
ピエール・フランコムのEIA(エコール インターナショナル アロマテラピー)の講座をベースにしたプログラム《フランス アロマ授業ノート》と、フィトテラピースクールCARA CAROの共同オリジナルプログラムです。

フランスのアロマ事情やフランコムやフランスで活躍するアロマ専門家の経験談なども交え、最新の情報を共有する講座です。
単に知識を得るだけでなく、得られた知識を使って考えるアロマテラピーを学ぶことを目標としています。

◎イントロダクション
・フランスのアロマテラピーとは
・フランコムのアロマ観の考察
・古くて新しいアロマテラピー など
◎精油の化学へのアプローチ
・揮発性芳香化合物の分類と特徴(イソプレノイド化合物、フェニルプロパノイド化合物、化学ファミリーの分類とその作用)

◎精油の作用経路の考察 ファーストアプローチ
・細胞の機能­芳香分子の作用の標的
・抗菌作用
・抗炎症作用
・抗酸化作用
・免疫賦活作用
・鎮痛作用
・抗カタル作用
・抗発がん作用
・抗アレルギー作用  など
⇒各作用を扱うときに、理解に必要な解剖生理学や病理学も学びます。

◎ピエール・フランコム氏が選ぶ25の精油について取りあげます。
・最も使用頻度が高い有効な精油をセレクトしたフランコムリスト
・各精油のモノグラムを考察

担当講師
濱田祥子先生

日程
1月16日(火)1月30日(火)
2月13日(火)2月27日(火)
3月13日(火)3月27日(火)
4月10日(火)4月24日(火)
5月15日(火)5月29日(火)
6月12日(火)6月26日(火)
7月10日(火)

時間
17時-20時 または 18時-21時

受講料
3時間×13回 140400円(税込)
テキスト・材料道具キット 21600円(税込)

場所
CARA-CARO三宮本校 神戸市中央区磯辺通1丁目1−5 三宮各駅から10-15分 詳しい地図はお申込後にお送りさせていただきます。
サテライト校吉祥寺 ペルアンク 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-8  吉祥寺駅北口徒歩7分 吉祥寺第一ホテル裏手 吉祥寺校 アクセス
サテライト校名古屋 ぺじとりあ 名古屋市西区城西4-28-23 和光ビル  地下鉄 浄心駅より徒歩5分






ご希望の受講場所(必須)

お持ちの資格 (必須)
JAMHAハーバルセラピストJAMHAシニアハーバルセラピストJAMHAハーバルプラクティショナーJAMHAホリスティックハーバルプラクティショナーその他ハーブ関連資格AEAJアロマインストラクターAEAJアロマセラピストIFA国際アロマセラピストIFPAアロマセラピストNARDアロマテラピーインストラクターNARDアロマセラピストAAJアロマその他アロマ関連資格特になし 

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Return Top