SCHOOL

EU植物療法科 ドイツ自然療法 ヒルデガルドの自然学

EU植物療法科 ドイツ自然療法コース  三宮本校
EU植物療法科についてはこちら

ドイツの自然療法
森と川の恵みの国ドイツでは、まさに「暗黒の中世時代」をしのぎ、
ヒルデガルトの自然療法、クナイプ療法、ホメオパシーと、
様々な自然療法を生み出し発展させた国です。ドイツには「ハイルプラクティカー」という自然療法士の資格があります。
医学知識と自然療法を学び、経験を積んだ自然療法士が治療を行うことができます。
CARA-CAROでは、ドイツの自然観、人間観をベースとした、自然療法やその考え方などを学ぶコースをご用意しました。

錬金術と占星術
人が、植物の叡智と恩恵を、どのように活用してきたか、
どのように病や死や健康に向き合っていたかを錬金術や占星術から考えてみましょう。
ドイツの自然療法を学ぶには欠かせない、錬金術・占星術と自然療法を結びつける貴重なお講座です。

ペーター・ゲルマン先生に学んで
自然療法士が国家資格であるドイツ。 ドイツハイルプラクティカー連盟(BDH)副会長。民俗学協会設立とデュッセルドルフで学校を持つペーターゲルマン先生から学んだ森と植物・自然療法をシェアしていきます。生活の中にすぐにできるセルフケアを実践していきます。

ホメオパシー講座
「神の小さな丸い粒」故大槻真一郎先生はホメオパシーのレメディのことをこう呼んでいました。
この療法は、イギリス王室御用達であったりやドイツでは、薬局の扉の窓に書かれて、親しまれています。
大槻先生から託された「ホメオパシーガイド」を元に、これは何かどのように利用できるかをご紹介していきます。
ホメオパシーでは、つらい症状は、心身内部の不調和と考え、原因をつきとめるのでなく、
人本人の全体像のゆがみをレメディという小さな粒で刺激して、自分のもつ治癒力を生かすものです。

 

ドイツ自然療法 ヒルデガルトの自然学
聖ヒルデガルト治療学は生活習慣と食生活、そして、自然と人間の4大元素との調和であり、それを実現するために薬草と薬石の力(ウィリデタス Viriditas)を用い、人間本来の自然治癒力を生かそうというものです。
聖ヒルデガルトの自然療法を学ぶと、薬だけに頼ること無く、毎日の生活を自然に心安らぎ五感を生かし、愛や知恵を気がつくことができます。家庭で出来る補完統合医療としての始めの一歩として学んでいきましょう。

聖ヒルデガルトとの出会いは、私自身の闘病の時でした。当時、治療や介護、子育てに悩む中、女性の生き方を応援し続け、ついには書き残すことも許された彼女の言葉や生き方に興味を持ち、大槻先生の元で古文書を紐解いていました。今もネガティブに負けない 五感を生かした自然学の知恵をシェアしていきたいと願っています。


担当講師
長谷川弘江先生

講師プロフィール
国際ヒルデガルド会役員DanielaDumann認定ヒルデガルトヘルスケアアドバイザー
公社)日本アロマ環境協会認定インストラクター・アロマブレンドデザイナー、
(社)自然療法機構認定自然療法士。
薫物屋香楽認定香司。
ヒルデガルトフォーラム・ジャパン副代表。
監修・著作に『癒しのお香』共著『日本のハーブ辞典』『絵師で彩る世界の民族衣装図鑑』『ヒルデガルトの宝石論』など

内容

【単発】
(1)錬金術と占星術 4時間
(2)ペーターゲルマン先生に学んで 3時間
(3)ホメオパシー  3時間
(2)(3)両方受講 6時間
※こちらはzoomマンツーマンレッスンはなし*視聴期間*
(1)(2)(3):1か月

日程

録画受講のため随時受付中
視聴期限:1ヶ月
録画視聴開始日と視聴期間
1-25日までにご入金確認完了の場合  → 翌月5日から視聴可能
26日-末日にご入金確認完了の場合 →翌々月の5日から視聴可能


 

【ドイツ自然療法】  各3時間
単発受講可
①聖ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの時代背景と生涯
②ヒルデガルト治療学の基本
③中世4体液説と元素
④食養生  実習 ヒルデガルトの幸せのクッキー
⑤薬草学  実習 ヒルデガルトの薬草ブレンド
⑥自然の万能薬 実習 愛とハートのワイン
⑦その他の治療法(瀉血とカッピング療法)  実習 お灸造り
⑧断食はメスのいらない養生 実習 メニュー作成
⑨薬石学 実習 エーデルシュタインオイル作成
⑩まとめ 現代に生かす聖ヒルデガルトの五感療法

※zoomマンツーマンレッスンが含まれています。
10コマすべて受講の方:5回目修了で1時間、10回目修了で1時間 計2時間となります。
単発受講の場合:お好きな回を5つ受講で1時間

日程
水曜日 10時~13時
①12/8 ②12/22 ③1/12 ④1/26 ⑤2/2
⑥2/16 ⑦3/2 ⑧3/16 ⑨3/30 ⑩4/6
※途中参加OK、見逃し回は録画受講対応

*録画視聴期間*
【ドイツ自然療法】12か月

※録画受講は随時受付
視聴は1/5から開始となります

受講料
■単発講座 録画受講■
①錬金術と占星術 :4時間 16,500円(税込)
②ペーター・ゲルマン先生に学んで :3時間13,200円(税込)
③ホメオパシー :3時間13,200円(税込)
②③両方 :22,000円(税込)

■ドイツ自然療法■
【1講座のみ】
受講料:13,200円(税込)
教材費テキスト代:2,200円(税込)
オンラインシステム利用料:1650円(税込)
テキスト送付手続料:880円(税込)
合計:17,930(税込)

【10コマ通し】
受講料:110,000円(税込)
教材費テキスト代:22,000円(税込)
オンラインシステム利用料:9,900円(税込)
テキスト送付手続料:1,760円(税込)
合計:143,660(税込)
(一括払いのみ  分割払いご希望の場合は1講座ごとにお申込下さい)

■長谷川先生とのマンツーマンレッスンが含まれています。
※ドイツ自然療法 本編のみ。 単発2講座にはマンツーマンレッスンはございません。
10コマすべて受講の方:5回目修了で1時間、10回目修了で1時間 計2時間となります。
単発受講の場合:お好きな回を5つ受講で1時間
【日程】皆さまのご希望と先生のご都合で決定いたします。

オンライン受講についてはこちらもご参照ください♪

★ドイツ①から⑩をお申し込みの方は、下記の講座が割引となります
錬金術占星術 → 13,200円(税込)
ペーターゲルマン先生に学んで  → 11,000円(税込)
ホメオパシー  → 11,000円(税込)
ペーターゲルマン先生に学んで と ホメオパシー講座 両方 19,800円(税込)


【キャンセルポリシー】
・クーリングオフ制度の対象となります。
開講日1ヶ月以上前のキャンセル:全額返金
クレジットカード決済の場合は、受講料からカード決済手数料3%を引いた金額を受講生へ返金
開講日21日前から1ヶ月以内:受講料からキャンセル料30%を差し引いた金額を受講生へ返金
クレジットカード決済の場合は、受講料からキャンセル料30%を差し引いた金額から更にカード決済手数料3%を引いた金額を受講生へ返金
開講日11日前から20日前まで:受講料からキャンセル料50%を差し引いた金額を受講生へ返金
クレジットカード決済の場合は、受講料からキャンセル料50%を差し引いた金額から更にカード決済手数料3%を引いた金額を受講生へ返金
開講日前日から10日前まで:受講料からキャンセル料70%を差し引いた金額を受講生へ返金
クレジットカード決済の場合は、受講料からキャンセル料70%を差し引いた金額から更にカード決済手数料3%を引いた金額を受講生へ返金
すでに開講した講座については、受講生が欠席している場合でも受講料の返還は一切受け付けません。

※クレジット決済の場合は、翌月の25日に返金
※いずれも振込手数料を差し引いての返金となります。
詳しくはお申込後のご案内メールに添付の受講規約をご覧下さい。


    ■お名前 (必須)

    ■メールアドレス (必須)

    ■お電話番号(必須)

    ■郵便番号(必須)

    ■ご住所(必須)

    ■ご希望の講座(必須)
    【ドイツ自然療法】全10コマ通し【ドイツ自然療法】単発(希望回は別途チェック)【ドイツ自然療法】2講座セットお申し込み(希望回は別途チェック)(1)錬金術と占星術(2)ペーターゲルマン先生に学んで(3)ホメオパシー(2)(3)セットお問い合わせのみ

    ■ご希望の受講方法(必須)

    ■単発申し込みの方のご希望回
    ドイツ自然療法①から⑩を単発にて受講ご希望の方は、ご希望の回にチェックをお願いいたします。

    ①聖ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの時代背景と生涯②ヒルデガルト治療学の基本③中世4体液説と元素④食養生  実習 ヒルデガルトの幸せのクッキー⑤薬草学  実習 ヒルデガルトの薬草ブレンド⑥自然の万能薬 実習 愛とハートのワイン⑦その他の治療法(瀉血とカッピング療法)  実習 お灸造り⑧断食はメスのいらない養生 実習 メニュー作成⑨薬石学 実習 エーデルシュタインオイル作成⑩まとめ 現代に生かす聖ヒルデガルトの五感療法

    ■お支払い方法(必須)
    銀行振込 一括カード払い 一括分割:ドイツ自然療法10回セットのみお問い合わせのみ

    ■ご質問・お問い合わせがございましたら下記にご記入ください

    [`evernote` not found]
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Return Top
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。