Header Image

植物に学ぶ

CARA-CAROフィトテラピースクール
植物療法の総合スクール
CARA-CAROフィトテラピースクールです。
植物療法の「手法」や「理論」もトコトン追求していますが、
もっともっと大切にしていることがあります。

続きを読む
JAMHA認定校
【JAMHA認定シニアハーバルセラピストコース】
メディカルハーブのアドバイスに必須の内容です。病気や不調のメカニズムを深く学び、西洋医学の治療に対して、ハーブやアロマでできることを考えます。健康の基本である食事は分子栄養学の知見から、睡眠休養やメンタルヘルス、運動、生活習慣病予防、介護予防に必要な基礎知識を学んでいきます。ハーバルセラピストコースで学んだ30種類のハーブ、12種類の精油以外にも、たくさんのハーブや精油が登場します。改定で追加されたトクホや機能性表示食品のハーブやフィトケミカルについても、丁寧にじっくり解説するのが当校の特徴です。修了要件の論文も、テーマ選びからリサーチ、構成、章立て、仕上げまで細やかにアドバイスさせていただきます。
木曜夜19:30-22:00 月2-3回クラス 2月末スタート
他校で修了された方も、再受講価格で受講いただけます
http://caracaro.com/jamha/page-4408/

講師養成講座メディカルハーブティ講座
2月スタート(途中参加でも補講あり)
主にハーブティについてより深く学べる専門講座「メディカルハーブティ講座」をご自身のお教室で開催いただくための講師養成講座です。ハーブそのものについて学ぶことはもちろんですが、シングルでハーブ本来の色味香りを、体にしみこませるように学んでいきます。抽出方法の違いによる成分の違い、ハーブティが体内でどのように働くかも学びます。ドライハーブだけでなく、フレッシュハーブの活用や、植物や品種、甘・苦・渋・辛などの味覚を通しての働きや、美しい色素成分の性質や働きなど、植物の色味香りを通じて、自分と向き合う五感を使ったセラピーとしても、メディカルハーブティの世界を広げていきます。
認定教室として単発でも開催可能、一番人気の講座です! http://caracaro.com/school/page-10891/

お知らせ

精油の香りを聴く 閾値

精油の香りを聴く 閾値

アロマテラピーを教えていると、 検定試験などで、たくさんある成分のどれを覚えれば良いか?というご質問があります。 1つの精油には、たくさんの種類の成分が含まれていて、 その組み合わせも割合も、完璧に再現するのが難しい(そしてコストがかかる!)と言われています。 そのため、成分分析表であっても原則的には抜粋しており、 教...

ファシリテーター研修 非言語と表情筋

ファシリテーター研修 非言語と表情筋

今日は、社内でファシリテーター研修を開催しました。 来週の無料セミナー「セラピストがしっておきたい災害時の心のケア」では、グループディスカッションの時間を設けています。 個人的には毎月何かしらのグループワークやディスカッションに参加しているので、ファシリテーターを担う機会もよくありますが、 フィトテラピーの講座の中では...

実際にどうなの?シニアハーバルセラピスト講座

実際にどうなの?シニアハーバルセラピスト講座

今月からJAMHAシニアハーバルセラピスト講座がスタートということで、 早速、1クラス目のマンツーマンレッスンがスタートしました。 毎回、猛烈に楽しくて、ご質問いただく度に、 どこかで読んだり聞いたりしたのに、忘れている「開かずの箱」が開くあの感覚! もう幸せすぎる時間をいただいています。 さて、表題の件、シニアハーバ...

伝える仕事:災禍で伝えておきたいこと

伝える仕事:災禍で伝えておきたいこと

謹んで新年をお祝い申し上げます。 実は、直前まで別のご挨拶の文章を準備していたのですが、 いまにふさわしい言葉は、いくら探しても見つからず、今日になって、やっとキーを叩く気持ちになりました。 まずは、災害や事故により亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。 被害に合われた方、ご家族をなくされた方、心よりお見舞い申し上...

【二次募集開始】名古屋・神戸  すべてのお講座開催決定いたしました!

【二次募集開始】名古屋・神戸 すべてのお講座開催決定いたしました!

たくさんのお問い合わせ、 またご受講のスケジュール調整などいただきまして、皆さまありがとうございます! 皆さまに直接お目にかかって、 植物の色味香りをご一緒に楽しんでいただける機会に恵まれ、 いまからわくわくしております! 広い会場を借りているので、 お席に余裕がありますので、月末まで二次募集行いたいと思います! ①香...

【チンキ研究】アルコール度数低めの甲類焼酎

【チンキ研究】アルコール度数低めの甲類焼酎

チンキやハーブ酒におすすめの アルコール度数低めの甲類焼酎 水溶性成分の多いハーブや 果物や野菜で漬け込み酒を作る時、 ホワイトリカーより、アルコール度数低めのアルコールを使います。 講座では、スピリタス(96度)をよく使うので、それを100度とみなして、 お水と1:1で割って50度、さらに水と1:1で割って25度 と...

Return Top